2010年2月アーカイブ

ヒューマンインターフェース(Human Interface)とは、人間と人間の周りの様々な機械・機器との間で情報をうまくやりとりできるように,人間の特性を応用していこうとする技術のことです。

ヒューマンインターフェースの重要項目:
 直感的に操作方法が理解できる。
 目的の操作が早く行える。
 操作した内容を五感で確認できる。
 誤操作を実行したときに被害が少ない。


中華航空140便墜落事故:
エアバス A-300が1994年(平成6年)4月26日に名古屋空港(現・名古屋飛行場)で着陸進入中に旅客機が墜落した航空事故。

乗員による自動操縦装置の誤操作と、自動操縦装置の異常な動作により発生したものであった。
機長が縦桿を手動で操作することにより自動操縦が解除されると思い込んでいた可能性が指摘されている。

なお、ボーイングの機種はそのような操作により自動操縦が解除される仕様となっており、後にエアバスの機種もそのように改修されている。
エアバスの設計思想は、自動操縦中では自動モードプログラムが絶対優先で、手動モードに切り替えをせずに手動操作を行ってしまうと、パイロットの操作(意思)に反する制御を自動操縦が行なってしまう。
手動操作を行なった時点で、自動モードが解除されるべきであった。
機長よりもプログラムを作成した人間が偉いのか?

遺族の統一原告団は、エアバス社は機体に手動操縦と自動操縦が競合する欠陥があり、同様の事故が何度も発生しており危険性を認識しながら、なんら改善措置を講じなかった製造物責任があると主張した。

おかしいモノはおかしい。
私もプログラムを作成した経験があるが、基本となるアルゴリズムや操作のフローに関しては、最も神経を払っていたものです。

久しぶりのチャット

|

Norton Internet Security 2010 が起動しなくなってしまいました。
Windows を再起動すると回復する場合もありましたが、ついに不調が固定化してしまいました。
Symantec のサイトで調べて、サポートのチャットを利用しました。

メールで問い合わせするよりも回答が早く得られるので、これは良いですね。
PC-VAN のチャットにはまっていた10ウン年前を思い出してしまいました。

チャットの中で、削除専用ツールや再インストールのためのURLを案内してもらえるし、疑問点はその場で解決できてしまうので納得です。
プロダクトキーは用意しておいたほうが良いですね。

おかげですんなり修復できました。

このアーカイブについて

このページには、2010年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年1月です。

次のアーカイブは2010年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。