2010年8月アーカイブ

落輪の果て

|

お礼の一言も言えない人だっているんだね。
しかも、小さい男の子もいるパパだというのに。
SUBARU車が、前輪を二つとも段差から落としていた状態だったので、思わず口出しをしてしまったのだが、途方に暮れた人は、問題が解決しても素直に喜べないらしい。

子供は、誰か知らない人が接近するのを見るや、「パパ、どうして行かないの?」、と。
それまで居た、そのアパートの近所のおじさん達はどうにもあてにならなかったらしい。
3人くらいが集まって、何やら対策はやっていたんだろうけど、どれくらいの時間が経過していたのか。
コンクリートブロックを1個見つけて来たおじさんが居た。
さて、それでどうするつもりなんだろうね?
最後までやらせておけば良かったかなー。(謎)

子供は、こういう時は素直なんですね。
新たな他人が通りかかるや、窮状をパパに話しかけるという格好で私にアピールしていました。
これは、SUBARUとその子の為に救援してやらねば。
親はお高くとまっていたので、自転車から降りずに通り過ぎようかと思ったんですがね。

(6) 補足説明 / DHCP

|

そもそも、DHCPとは何ぞや? という疑問にお答えしましょう。
車に例えれば、「オートマ車」がDHCP(DHCP ON)に当たります。
少々無理がある比喩ではありますが。

マニュアル車の運転は、あらゆる状況や場面に応じてギアのシフトチェンジを行います。
クラッチ操作もあります。
それができない、あるいは楽をしたい人は、当然オートマを選択することになります。
もっとも、今では市販車のラインアップもマニュアルが無かったりすることが多くなってきていますが。
半クラッチが何かを知らなくても車の運転に支障をきたすことはありません。

さて、ルーターを購入して、パソコン2台をどうにかLAN接続されている人も多いでしょう。
ルーターはデフォルトのまま、DHCP ON で使い、パソコンもDHCP を使えば、面倒なあるいは難しい設定は必要ありません。
誰でも? ネットワークに接続できてしまいます。

「思想」あるいは「志向」によっては、パソコン側での設定は手動で行う場合があります。
家庭内LANの規模でしたら、あまり難しい学問を深追いすることもありませんが、
 IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNS(ネーム)サーバアドレスなどを設定することになります。
一時期、私はルーターのDHCPをOFFにしていたこともありましたが。
DHCP ON がインターネット接続の条件では決してありません。

私のLAN環境について説明をしておきます。
これからLANを組みたい、あるいは有線のLAN環境に無線を追加したいとお考えの方の参考になれば幸いです。
尚、IPアドレスの一覧を参照して頂ければ、有線と無線の同居について、またノートPCを有線と無線の双方で接続できる環境となっていることは理解できると思います。

さて、無線LANならば親機と子機があり、そしてLANならばルーターがあります。
最初にLANを組んでから、後には無線を追加して行った経過を説明します。

初めは、ルーターがあってもパソコン1台のみのLANでした。
これはPC1台のみでも、セキュリティ面などからルーターを入れた方が良いとの教えに従ったものです。
「常時接続」にするならば・・・という、過去の時代です。

やがて、PCが増えてやっとLANらしくなります。
次には、家族の要望によって、プリンタをネットワークにつなぐことになりました。
昔のプリンタには、ネットワークに接続できる機能はありませんでしたので、「プリントサーバ」を導入しました。
しかし、結果的には、この「プリントサーバ」もWindows XPには対応できないし、古くもなったことで現役を引退します。
この、「プリントサーバ」を使ってプリンタをネットワーク(LAN)につなぐときに、IPアドレスを手動で設定する必要が生じました。
DHCPが使えない場面です。

(4) 最終結論

|

以下のように設定を行いました。
まずは端的に結論のみです。

-1- ルーター
LAN側IPアドレス : 192.168.0.1
サブネットマスク : 255.255.255.0
DHCP サーバー : ON。
 普通はデフォルトでON になっていると思います。
DHCP 開始アドレス : 192.168.0.2
割当てIPアドレス数 : 32

-2- 無線親機
LAN側IPアドレス : 手動設定
 IPアドレス : 192.168.0.30
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1
 DNS(ネーム)サーバアドレス : プライマリ 192.168.0.1

-3- 無線子機(ノートPC)
<ワイヤレスネットワーク接続>

◎次のIPアドレスを使う
 IPアドレス : 192.168.0.26
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1

◎次のDNSサーバのアドレスを使う
 優先 DNSサーバ : プライマリ 192.168.0.1

-4- 有線LAN (ノートPC)
<ローカルエリア接続>

◎次のIPアドレスを使う
 IPアドレス : 192.168.0.24
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1

◎次のDNSサーバのアドレスを使う
 優先 DNSサーバ : プライマリ 192.168.0.1

-5- 1Fリビング
<ローカルエリア接続>

参考までに、リビングのデスクトップPCの設定も記載しておきます。
◎次のIPアドレスを使う
 IPアドレス : 192.168.0.11
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1

◎次のDNSサーバのアドレスを使う
 優先 DNSサーバ : プライマリ 192.168.0.1

-6- 2F書斎
<ローカルエリア接続>

参考までに、書斎のデスクトップPCの設定も記載しておきます。
◎次のIPアドレスを使う
 IPアドレス : 192.168.0.21
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1

◎次のDNSサーバのアドレスを使う
 優先 DNSサーバ : プライマリ 192.168.0.1

パソコンが1台だけです、という方には該当しませんが、複数台のパソコンをLANに参加させている方に対してです。

無線LANの設定をしようとするパソコン以外で、LANケーブルでつながったパソコンから無線親機に対する設定を行った方がトラブルの原因を作らなくても済みますよ。
無線LANの設定をしたいパソコンで、LANケーブルを抜き差ししながら、親機の設定をしたりパソコンの設定をしたりしていると、ろくなことはありません。
1台のパソコンに対して、DHCP によって同じアドレスを割り当てようとすることになるかも知れません。
そうすると、例の変なアドレスにつながりました-という結果になりかねません。
DHCPが働いているからこそ生じる不具合なのです。
ったく、嘘を書くサイトもあったもんだ。(怒)

このアーカイブについて

このページには、2010年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年7月です。

次のアーカイブは2010年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。