(4) 最終結論

|

以下のように設定を行いました。
まずは端的に結論のみです。

-1- ルーター
LAN側IPアドレス : 192.168.0.1
サブネットマスク : 255.255.255.0
DHCP サーバー : ON。
 普通はデフォルトでON になっていると思います。
DHCP 開始アドレス : 192.168.0.2
割当てIPアドレス数 : 32

-2- 無線親機
LAN側IPアドレス : 手動設定
 IPアドレス : 192.168.0.30
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1
 DNS(ネーム)サーバアドレス : プライマリ 192.168.0.1

-3- 無線子機(ノートPC)
<ワイヤレスネットワーク接続>

◎次のIPアドレスを使う
 IPアドレス : 192.168.0.26
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1

◎次のDNSサーバのアドレスを使う
 優先 DNSサーバ : プライマリ 192.168.0.1

-4- 有線LAN (ノートPC)
<ローカルエリア接続>

◎次のIPアドレスを使う
 IPアドレス : 192.168.0.24
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1

◎次のDNSサーバのアドレスを使う
 優先 DNSサーバ : プライマリ 192.168.0.1

-5- 1Fリビング
<ローカルエリア接続>

参考までに、リビングのデスクトップPCの設定も記載しておきます。
◎次のIPアドレスを使う
 IPアドレス : 192.168.0.11
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1

◎次のDNSサーバのアドレスを使う
 優先 DNSサーバ : プライマリ 192.168.0.1

-6- 2F書斎
<ローカルエリア接続>

参考までに、書斎のデスクトップPCの設定も記載しておきます。
◎次のIPアドレスを使う
 IPアドレス : 192.168.0.21
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1

◎次のDNSサーバのアドレスを使う
 優先 DNSサーバ : プライマリ 192.168.0.1

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
IPアドレスの一覧

1Fリビング <ローカルエリア接続>     192.168.0.11
2F書斎   <ローカルエリア接続>     192.168.0.21
ノートPC  <ローカルエリア接続>     192.168.0.24
      <ワイヤレスネットワーク接続> 192.168.0.26
無線親機  <ローカルエリア接続>     192.168.0.30


ルーターは、家庭内でもあるのでデフォルトのままの DHCP ON で使用していますが、各ノード(PCなど)は総て手動でIPアドレスを設定しています。

これにより、どのパソコンを再起動したり、パソコンを起動する順番が変わったり、LANケーブルの抜き差しを頻繁に行っても、各ノードのIPアドレスがルーターのDHCPによって毎回変わる事はありませんし、同じIPが異なるノードに再び割当てられる心配もありません。

最も重要で簡潔な説明は以上ですが、
ノートPC は、無線と有線ではIP が異なる点に着目してください。
無線ネットワークカードと有線ネットワークカードに対して、明示的にIP を区別して割り当てしています。
ここが一番のミソですね。
マニュアル車とオートマくらいの違いがあります。(謎)

ノートPC を、LANケーブルでつないだり、無線で接続したりされる方は、是非ともこの設定例を参考にしてください。
尚、その場合は、極力 無線親機などの設定に関する説明書はご参考になさらないように。
惑わされますので読んだふり-が丁度良いかも知れません。(個人の感想です)

このブログ記事について

このページは、maruが2010年8月 2日 21:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「(3) ドツボにはまらない為の初めの一歩」です。

次のブログ記事は「(5) 補足説明 / 無線LAN親機」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。