LAN(有線と無線)の最近のブログ記事

(6) 補足説明 / DHCP

|

そもそも、DHCPとは何ぞや? という疑問にお答えしましょう。
車に例えれば、「オートマ車」がDHCP(DHCP ON)に当たります。
少々無理がある比喩ではありますが。

マニュアル車の運転は、あらゆる状況や場面に応じてギアのシフトチェンジを行います。
クラッチ操作もあります。
それができない、あるいは楽をしたい人は、当然オートマを選択することになります。
もっとも、今では市販車のラインアップもマニュアルが無かったりすることが多くなってきていますが。
半クラッチが何かを知らなくても車の運転に支障をきたすことはありません。

さて、ルーターを購入して、パソコン2台をどうにかLAN接続されている人も多いでしょう。
ルーターはデフォルトのまま、DHCP ON で使い、パソコンもDHCP を使えば、面倒なあるいは難しい設定は必要ありません。
誰でも? ネットワークに接続できてしまいます。

「思想」あるいは「志向」によっては、パソコン側での設定は手動で行う場合があります。
家庭内LANの規模でしたら、あまり難しい学問を深追いすることもありませんが、
 IPアドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイ、DNS(ネーム)サーバアドレスなどを設定することになります。
一時期、私はルーターのDHCPをOFFにしていたこともありましたが。
DHCP ON がインターネット接続の条件では決してありません。

私のLAN環境について説明をしておきます。
これからLANを組みたい、あるいは有線のLAN環境に無線を追加したいとお考えの方の参考になれば幸いです。
尚、IPアドレスの一覧を参照して頂ければ、有線と無線の同居について、またノートPCを有線と無線の双方で接続できる環境となっていることは理解できると思います。

さて、無線LANならば親機と子機があり、そしてLANならばルーターがあります。
最初にLANを組んでから、後には無線を追加して行った経過を説明します。

初めは、ルーターがあってもパソコン1台のみのLANでした。
これはPC1台のみでも、セキュリティ面などからルーターを入れた方が良いとの教えに従ったものです。
「常時接続」にするならば・・・という、過去の時代です。

やがて、PCが増えてやっとLANらしくなります。
次には、家族の要望によって、プリンタをネットワークにつなぐことになりました。
昔のプリンタには、ネットワークに接続できる機能はありませんでしたので、「プリントサーバ」を導入しました。
しかし、結果的には、この「プリントサーバ」もWindows XPには対応できないし、古くもなったことで現役を引退します。
この、「プリントサーバ」を使ってプリンタをネットワーク(LAN)につなぐときに、IPアドレスを手動で設定する必要が生じました。
DHCPが使えない場面です。

(4) 最終結論

|

以下のように設定を行いました。
まずは端的に結論のみです。

-1- ルーター
LAN側IPアドレス : 192.168.0.1
サブネットマスク : 255.255.255.0
DHCP サーバー : ON。
 普通はデフォルトでON になっていると思います。
DHCP 開始アドレス : 192.168.0.2
割当てIPアドレス数 : 32

-2- 無線親機
LAN側IPアドレス : 手動設定
 IPアドレス : 192.168.0.30
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1
 DNS(ネーム)サーバアドレス : プライマリ 192.168.0.1

-3- 無線子機(ノートPC)
<ワイヤレスネットワーク接続>

◎次のIPアドレスを使う
 IPアドレス : 192.168.0.26
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1

◎次のDNSサーバのアドレスを使う
 優先 DNSサーバ : プライマリ 192.168.0.1

-4- 有線LAN (ノートPC)
<ローカルエリア接続>

◎次のIPアドレスを使う
 IPアドレス : 192.168.0.24
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1

◎次のDNSサーバのアドレスを使う
 優先 DNSサーバ : プライマリ 192.168.0.1

-5- 1Fリビング
<ローカルエリア接続>

参考までに、リビングのデスクトップPCの設定も記載しておきます。
◎次のIPアドレスを使う
 IPアドレス : 192.168.0.11
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1

◎次のDNSサーバのアドレスを使う
 優先 DNSサーバ : プライマリ 192.168.0.1

-6- 2F書斎
<ローカルエリア接続>

参考までに、書斎のデスクトップPCの設定も記載しておきます。
◎次のIPアドレスを使う
 IPアドレス : 192.168.0.21
 サブネットマスク : 255.255.255.0
 デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1

◎次のDNSサーバのアドレスを使う
 優先 DNSサーバ : プライマリ 192.168.0.1

パソコンが1台だけです、という方には該当しませんが、複数台のパソコンをLANに参加させている方に対してです。

無線LANの設定をしようとするパソコン以外で、LANケーブルでつながったパソコンから無線親機に対する設定を行った方がトラブルの原因を作らなくても済みますよ。
無線LANの設定をしたいパソコンで、LANケーブルを抜き差ししながら、親機の設定をしたりパソコンの設定をしたりしていると、ろくなことはありません。
1台のパソコンに対して、DHCP によって同じアドレスを割り当てようとすることになるかも知れません。
そうすると、例の変なアドレスにつながりました-という結果になりかねません。
DHCPが働いているからこそ生じる不具合なのです。
ったく、嘘を書くサイトもあったもんだ。(怒)

(2) ドツボの現象

|
不具合のときは、全く関知しないIPアドレスが表示されていました。
色々悩んで、これで正しい筈だと思っての結果でしたが。
具体的には、ノートパソコンを内蔵の無線LANボードで親機につなごうとしています。
正常であれば、 192.168.0.xx のIPアドレスでつながる筈でした。
これが、169.254.101.15 と表示されていました。
なんじゃこりゃ!!

今までは順調に接続出来ていたのに、突然つながらなくなるという事が、やはりあるのですね。
有線の場合でもあり得るケースですが、その場合はHUBの不具合やLANケーブルのコネクタ絡みといった、ハードに由来する不調が少なくありません。

今回は明らかに設定上の問題でした。
状況としては、有線で組んだLANの中に無線を追加した形となっています。

不具合のときは、全く関知しないIPアドレスが表示されて「通信できません」というメッセージ。
そのIPアドレスをキーワードに検索しても、歯切れの良い解決策は見当たりませんね。
同じドツボにはまる人は結構いるんだ-というのがせめてもの結論か。(謎)
評論家みたいな表現や、どこかからコピーして来たような書き方。
こやつ、本当に分って書いてるのか怪しいもんだ。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちLAN(有線と無線)カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリははみ出し車ネタです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。